teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. 副業情報!(2)
  2. ネット内職ガイド(2)
  3. イケメンちゃんねるで稼ごう(2)
  4. ブランド偽物ブランド激安(0)
  5. ポイントサイト攻略ガイド(0)
  6. ブランド激安市場広州市場ブランド偽物海外財布(0)
スレッド一覧(全6)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


「ウラとサキと愛を少々」

 投稿者:劇団水色革命  投稿日:2017年 6月24日(土)20時32分38秒
返信・引用
  劇団水色革命×コルバタ宮門組合同公演
「ウラとサキと愛を少々」
脚本/演出 宮門満


【あらすじ】
たった一つの願いを胸にカフェ『クレマ』にたどり着いた由香。
そのカフェは由香の求める温もりが微かに漂う店だった。
「この店に違いない。」そう確信して『クレマ』で働き始める由香。
ところが店は開店休業状態。
少し前までは賑わっていたというこのカフェに一体何があったのか。

意地っ張りで不器用な大人達が少しでも幸せになりたいと願いながら生きている。
それは優しくて切ない、愛しい人たちの物語。


☆人間、年を重ねていくと、人間関係や物事について波風をたてず、スムーズに物事をこなしていくクセというか要領を得たというか、誰しもそういう風に生きていると思います。このお話はそんな人生を楽にしてくれる、けれど物事の本質を見失いかねない危うさについて書いてある本なのかなと思います。是非、見に来ていただいて、家族や友達、恋人、身近な人達との信頼関係なんかを今一度、再確認していただければと思います!



もし、お時間ございましたら是非!
劇場でお待ちしております!!!!


【出演者】
MARU
世羅りさ
望月未稀
マツダヒロエ
  (以上、劇団水色革命)

田中誠司
岡拓行
河合亜由子
保母かおり
清野悠奨
新田将司
クシダ杏沙
及川幸子
平野ありさ
奥津知子
銭元弥和
八木井里緒
関和紀


【劇場】
新宿スターフィールド
〒1600022
東京都新宿区新宿2-13-6 光亜ビルB1
http://www.star-field.tokyo/


【日程】2017年6月28日~7月2日
28日(水)       19:00
29日(木)       19:00
30日(金)     ※14:00/19:00
  1日(土)        14:00/19:00
  2日(日)        12:00/17:00
※アフタートーク
(全8回公演)
◆受付開始は開演の1時間前、開場は開演の30分前となります。
尚、受付開始より整理券をお配りいたします。開場いたしましたら、整理券の番号順のご入場とさせていただきます。

【チケット】
前売り¥3500
当日¥3800

お申し込みはこちらからお願いします。
http://ticket.corich.jp/apply/83454/010/

【お問い合わせ】
kakumei.mizuiro@gmail.com


【スタッフ】
脚本/演出:宮門満
舞台美術:加古若菜(劇団水色革命)
照明:福田源八
音響:渡辺裕紀、須能愛
舞台監督:丸山直己
チラシデザイン:井上咲喜子(劇団水色革命)
制作:井上咲喜子(劇団水色革命)
製作:劇団水色革命・コルバタ


最後まで読んでいただきありがとうございます。


ぜひ、劇場でお待ちしております!!

http://mizuiro-kakumei.com/

 
 

観客参加型!戯曲ブラッシュアップセッション!

 投稿者:サカイリユリカ  投稿日:2017年 6月23日(金)10時07分16秒
返信・引用
  劇作家のみの劇団・戯曲本舗主宰のサカイリユリカとコメディ作家小西ショウスケという作風が真逆な2人の作家で戯曲ブラッシュアップのためのリーディングWSを企画いたしました!

2人の新作長編戯曲を、リーディング形式で発表し、たくさんの人の目に触れてもらい、ディスカッションを重ね、より良い作品にしていこう!という試みです!堅苦しくなりすぎず、戯曲の面白さを一緒に共有していけたらと思っています◎


以下、詳細です。

『戯曲らぼらとりー ~ディス(カッションす)る会~』

――戯曲、育ててみませんか?――

アナタが「オモシロイ」と思った所、声を大にして言ってみて下さい。
その一言が、戯曲の新しい可能性を生み出すかもしれませんから。
アナタが「つまらないなぁ」と思った所も、是非教えて下さい。大丈夫、正解も不正解もありません。全部全部ひっくるめて受け止めて、そうやって戯曲というのは育ちます!!
聴くだけで終わりじゃない刺激的な時間と空間、是非体験してみて下さい。(もちろん聴くだけでも大丈夫です)

発表作品:
サカイリユリカ作 『自表ーじひょうー』
死にたいなら、死んでみればいい―でも、他に方法はないか探した?
過去に父親が自殺した男は、小さなサナトリウムのような「希望の家まあぶる」を訪れ、住民たちと交流を持っていく・・。「自死」に対する救いとは、を哲学する群像劇。

出演
大井克弘(FIFTH Units)
尾崎彰雄
佐治 静(劇団森キリン)
清水幹王 (戯曲本舗)
武内紀子(KURAKUEN企画)
ひきだ愛音(戯曲本舗)
水落磨樹
山口智恵(大判社)

小西ショウスケ作 『2100年宇宙のエンゲキ』
時は未来の2100年。所は月面ホテルの小さな貸会議室。
月周回軌道上に建設中である劇場「ルナ・オリンピコ」のこけら落し公演にふさわしい演目とは一体何か?―これは、月面ホテルの小さな貸会議室で繰り広げられる、演劇馬鹿共の大きな一歩の物語である!

安藤洋介(マグズサムズ)
飯田恭子
今田雅士
大平 栞
サカイリユリカ(戯曲本舗)
佐藤正速
田村優美
日暮丈二(マグズサムズ)
若林えり

日程:
7月1日(土)18時半~21時半
リーディング発表+ディスカッション

7月2日(日)18時半~21時半
リーディング発表+ディスカッション

※7月1日と2日ともに2作品発表いたします。両日ともに発表内容は同じです。
※途中、休憩を挟みます。

参加費:500円
※WS終了後、近隣の飲食店で観客の方も交えた交流会を行う予定です。(参加自由)
1日だけの参加、両日の参加、どちらも歓迎いたします。当日ふらっとお越しいただいてもOK!

会場:ムーブ町屋 会議室A(ハイビジョンルーム)
http://www.sunny-move.com/move/
※地下鉄千代田線町屋駅直結、駅ビルの4F

詳細、申し込みはこちら特設ページをご覧ください。
http://www.kokuchpro.com/event/gikyokulabo/

ご来場、ご予約お待ちしております。
 

6/29(木)ー7/1(土)舞台「いっそ、生きたい」

 投稿者:劇団 貴種流離  投稿日:2017年 6月21日(水)13時54分25秒
返信・引用
  いよいよ来週末!!
比較的、木金の方が空きがあります。
ご予約お待ちしております!!

22年前に青年座で公演された、
舞台「いっそ、生きたい」。
22年ぶりに娘が演じます。

ケイコとセイジの純愛、大人の童話です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

とびきりの舞台芸術を。

Performing Arts Theater Company
GEKI-Kisyuryuri 公演
「いっそ、生きたい」
作演/ 大村未童
美術/那須佐和子
出演/
ケイコ/那須凛(青年座)
セイジ/吉川大志郎
拓/三輪隆
希美/湯田華奈美(GEKI-Kisyuryuri)
日時/ 6.29(木) 30(金) 7. 1(土)
午後6時開演
会場/ Kisyuryuri アトリエ
足立区東綾瀬2-18-14 2F
料金/ 2,000円
ご予約/gekidankisyuryuri@gmail.com

http://kisyuryuri.com

 

dansky! -solo-

 投稿者:dansky!  投稿日:2017年 6月20日(火)19時47分50秒
返信・引用
  加藤みや子ダンススペースの若手メンバーが企画するダンス公演dansky!
第2弾の今回はdansky!-solo-と題し、リレー形式でソロを振り付け踊ります。活動拠点であるアネックス仙川ファクトリーを舞台にどんなソロ作品がうまれるのか!?!?

「dansky!-solo-」
2017.7/17(月・祝)
14:00-  / 18:00-
@アネックス仙川ファクトリー    *開場は開演の20分前です
チケット:一律2,000円(自由席)

<ダンス・振付>
寺杣彩 木原浩太 田路紅瑠美 江藤裕里亜 小松睦 上村有紀 杉山佳乃子


<予約>
https://sv68.xserver.jp/~481engine/481engine.com/rsrv/pc_webform.php?d=f47a9b353c&s=&PHPSESSID=ece9616d833b5a4da4ab91d799872588


<問い合わせ>
dansky2016@gmail.com

https://www.facebook.com/events/140705346498210/?ti=icl

 

2017サマー・アート・スクール

 投稿者:クリエイティブ・アート実行委員会  投稿日:2017年 6月20日(火)17時55分18秒
返信・引用
  クリエイティブ・アート実行委員会では、東京都教育委員会と共催で、毎夏『サマー・アート・スクール』を開催しております。
障害のある方とない方が共に創造していく過程で、それぞれの感性や創造性を分かち合い、学び合うことで新しい表現の可能性を探っていく活動です。
ワークショップを通して表現の多様性にふれてみませんか?
詳細は公式HP(http://www.musekk.co.jp/)をご覧ください。


「2017サマー・アート・スクール」
開催期間:7月22日(土)~9月3日(日)


【演劇ワークショップ~音で遊ぶ、身体で遊ぶ、物語で遊ぶ】
このワークショップでは、日常の生活や本の中にある風景などから障害のある人達と遊びを入口としてどのように演劇的シチュエーションを作っていくことができるかを体験していきます。
■日時 8月5日(土)~8月6日(日)
■会場 芸能花伝舎
■講師 演出家 柏木陽
■参加費(2日間):障害のない大人・指導者 午前・午後参加 11,000円(会員9,500円)
障害のない大人・指導者 午前のみ参加 6,500円(会員5,500円)
障害のある人  2,500円(会員2,000円)

【振付ワークショップ】
ここでは時間と空間をどのように動きによって構成していくかを2日間かけて探求していきます。特に身体障害のある人達との動きをどのようにユニークな表現として取り入れていくかを学んでいきます。
■日時 7月22日(土)~7月23日(日)
■会場 22日 台東区民会館
    23日 Libra(港区男女平等参画センター)

■講師 振付家 Adam Benjamin
■参加費(2日間):障害のない人13,000円(会員11,500円)
障害のある人 3,000円(会員2,500円)

【ワールド・ミュージックと創造的な音楽づくりワークショップ】
<!--[endif]-->
民族音楽者でもあるPoloさんはこれまでに訪ねた各国のさまざまな音楽を紹介すると同時に、それら多様な音楽を活かしてどのように創造的に音楽づくりを深めていくかを紹介していきます。
■日時:8月11日(金)~8月13日(日)
■会場 雑司が谷地域文化創造館
■講師 音楽科学博士Polo Vallejo
■参加費(3日間):障害のない人 23,500円(会員22,000円)


他にも、絵本作家・きくちちきさんの【動物を描く絵画ワークショップ】、慶應義塾大学環境学部准教授・筧康明さんの【視覚を超える造形ワークショップ】もございます。


【パフォーマンス】【展覧会】
音楽やダンス、演劇ワークショップの最終日には簡単なショーイングを行ないます(参加費500円)。また、絵画、造形ワークショップの成果は展覧会(入場無料、8月31日ー9月3日、ギャラリーTOM)で発表します。

参加お申込みの方法詳細はhttp://www.musekk.co.jpへ。
E-mail:MuseKK@aol.com または FAX:03-6426-5183でお申し込みをお願い致します。

<お問い合わせ> TEL:03-6426-5182

http://www.musekk.co.jp/

 

2017年度 春学期舞踊公演 『野外舞踊公演』

 投稿者:玉川大学芸術学部パフォーミング・アーツ学科  投稿日:2017年 6月20日(火)00時48分24秒
返信・引用
  玉川大学芸術学部パフォーミング・アーツ学科2017年度春学期舞踊公演は、2年振りとなる野外舞踊に挑戦します。「七夕の夜」と「野外公演」をテーマに『結-ゆい-』『PARADE 19人の旅人』『火祭り』という、3つの彩り豊かな作品をお届けいたします。
夜空の下でお客様との素敵な出逢いを心待ちにしています。年に一度のお祭りをともに楽しみましょう。

公演概要
【公演日時】<全4公演>
2017年7月6日(木) 19:30
           7日(金) 19:30
           8日(土) 19:30
           9日(日) 19:30
 ※上演時間は約60分を予定しております。
 ※受付開始は開演の45分前、開場は30分前とさせて頂きます。
(公演の有無は当日18:00に決定します。判断が難しい場合はお問い合わせください。)
 ※野外公演のため、悪天候の場合、延期または中止させていただく場合がございます。
 ※2回以上公演が中止になった場合、10日(月)19:00からを振替公演日とさせていただきます。この振替公演の予約は全て当日券扱いとなります。1回の中止では、振替公演はありません。
【公演会場】玉川大学 大学3号館前レンガ広場
           小田急線 玉川学園前駅北口から徒歩15分
【振付・演出】小山正師・青山典靖・神崎由布子
【指導・監修】玉川大学芸術学部パフォーミング・アーツ学科教員
【出演・制作】玉川大学芸術学部パフォーミング・アーツ学科学生

【入場料】無料・全席自由<要予約>
【チケット】
6月14日(月)16:00より予約受付開始
 〔電話予約〕090-7012-8544
 平日16:00~20:00・土日祝13:00~17:00
 〔メール予約〕pa-info@art.tamagawa.ac.jp
 全日24時間*各公演前日22:00送信分まで受付
※電話またはメールにて以下の項目をお伝えください。
①公演タイトル ②ご希望公演日時 ③ご希望枚数 ④お名前(カタカナ)
⑤お電話番号
※メールにてご予約いただいたお客様には2日以内にこちらからご予約確認のメールを送信させていただきます。

【特設サイト】
玉川大学芸術学部パフォーミング・アーツ学科 2017年春学期野外舞踊公演特設サイト
https://ybk2017.jimdo.com


【問い合わせ】
玉川大学芸術学部パフォーミング・アーツ学科
TEL/FAX:042-739-8092(演劇研究室)
E-mail:pa-info@art.tamagawa.ac.jp

https://ybk2017.jimdo.com

 

テアトロ コメディア・デラルテ 大塚ヒロタコラボ公演

 投稿者:テアトロ コメディア・デラルテ  投稿日:2017年 6月19日(月)10時44分0秒
返信・引用
  大塚ヒロタコラボ公演


俳優の大塚ヒロタが1人何役も演じるイタリア古典即興喜劇コメディア・デラルテを日本の「今」と融合し、いろんなジャンルの表現者達を迎えるコラボ公演。

今回は、元シルク・ドゥ・ソレイユの縄跳びパフォーマー/粕尾将一さんと中国の二胡奏者/shinさんとのコラボ企画!

2人のスペシャリストを迎え、どんなケミストリーが生まれるのか
乞うご期待下さい。

2017年8月19日.土曜日 14:00/18:00
8月20日.日曜日 14:0018:00

APOCシアター 小田急線千歳船橋駅

前売り3,500円
当日3,800円
中学生以下2,000円

チケット予約
https://www.quartet-online.net/ticket/commediacorabo081920

問合せ/インフォメーション
commedia@excite.co.jp

https://www.facebook.com/events/121422158449702/?ti=icl

出演/
コメディア・デラルテ 大塚ヒロタ
縄跳びパフォーマー 粕尾将一
二胡 shin
電子ピアノ Takuto

作・演出 大塚ヒロタ
演出助手 はやかわせぐろ
音響 藤島巨樹
照明 篠原 力
舞台監督 清 智史
衣装(大塚ヒロタ)石川かおり


企画・制作 ・主催 テアトロ コメディア・デラルテ
プロデュース 祢宜澤愛理

 

オリジナルミュージカル『仙台ねこ』

 投稿者:(公財)仙台市市民文化事業団  投稿日:2017年 6月16日(金)13時38分44秒
返信・引用
  オリジナルミュージカル『仙台ねこ』

―――伝説の「仙台ねこ」の謎を解くひとりの少女と猫たちの時空を超えた大冒険!―――

【日時】※全3回公演
2017.8.19[土]15:00 開演(14:15 開場)
8.20[日]11:00 開演(10:15 開場)、15:00 開演(14:15 開場)
【会場】
日立システムズホール仙台 シアターホール
【チケット料金】
一般3,000円、中学生以下1,500円〈全席自由〉
※当日500円増し ※4歳以下の入場不可
【プレイガイド】
日立システムズホール仙台、仙台銀行ホールイズミティ21、藤崎、仙台三越、チケットぴあ(Pコード:458-202)、ローソンチケット(Lコード:21735)、イープラス、河北チケットセンター
※中学生以下のチケットは日立システムズホール仙台、仙台銀行ホールイズミティ21のみでの取り扱いとなります。

オリジナルミュージカル「仙台ねこ」は、仙台市市民文化事業団の設立30周年を記念し、市民とともに取り組んだ本格ミュージカルです。わたしたちの住む「仙台」と「ねこ」という親しみのある存在をテーマに、地域の魅力の再発見やそこで生きる人々の喜びや尊さを表現します。作・演出・振付は梶賀千鶴子氏、音楽は日高哲英氏、照明は塚本悟氏と一流のスタッフを揃え、厳しいオーディションを突破し約1年のレッスンに励んでいる100余名の市民と、仙台ならではの新たな舞台をお送りします。

《あらすじ》
猫が大好きな珠子(たまこ)はある日、どうしても本当の猫の気持ちが知りたくなって「猫になりたい!」と叫んでしまいます。するといつの間にか不思議な空間に飛んで4人の猫に囲まれていました。彼らは、本当の猫の気持ちが分かるためには修行が必要だと言います。修行を受ける決意をした珠子は、時空を超えてたくさんの猫に会います。猫たちが珠子に伝えたいこととは?修行を受けた珠子は何を思うのか?猫にとっても人にとっても大切なことを見つけ出す、アドベンチャーストーリーです。

出演        仙台ねこーず
客演        茅根利安、藤田和正、佐藤一成
演奏        仙台ねこオーケストラ

照明        塚本悟
舞台美術      監修関谷潔司(兵庫県芸術文化センター)
舞台美術協力    つむら工芸
舞台進行・大道具  Factory-K
音響        緒方晴英
演出助手      渡部三妙子
指導        SCSミュージカル研究所
制作協力      SCSミュージカル研究所 boxes Inc.
プロデュース    廣瀬純

主催 日立システムズホール仙台(仙台市市民文化事業団)/仙台市/河北新報社
*仙台市市民文化事業団HP http://www.bunka.city.sendai.jp/

http://www.bunka.city.sendai.jp/

 

劇団銅鑼創立45周年記念公演第2弾No.50『いのちの花』

 投稿者:劇団銅鑼  投稿日:2017年 6月13日(火)19時04分8秒
返信・引用
  『いのちの花』―もしも、ぼくらにコトバがあったら―

<公演日>8月17日(木)~ 8月27日(日)
<原作>向井愛実著「いのちの花」(株式会社WAVE出版刊)
    瀧 晴巳著「世界でいちばんかなしい花
          それは青森の女子高生たちがペット殺処分ゼロを目指して咲かせた花」(ギャンビット刊)
<脚本>畑澤聖悟
<演出>齊藤理恵子
<出演者>館野元彦/久保田勝彦/亀岡幸大/向暁子/高原瑞季/山形敏之/
     宮藤希望/早坂聡美/北畠愛美/和田星来

<あらすじ>
青森県立三本木農業高校。
動物科学科に入学したマナミたちは、糞の匂いにやられながらも家畜たちの世話に励んでいる。
ある日、見学に訪れた動物愛護センターで、殺処分された動物たちの骨が「ゴミ」として捨てられていることを知る―
声を上げることもできずに死んでいった動物たちの「いのち」を再生させようと立ち上がった、5人の女子高校生の真実の物語。

<開演時間>17日(木)19時/18日(金)14時/19日(土)14時&19時/
20日(日)14時/21日(月)19時/22日(火)14時&19時/
23日(水)14時/24日(木)14時&19時/25日(金)14時/
26日(土)14時&19時/27日(日)14時

・公募した子どもたちの出演日 18日・19日・20日 各14時の部
・聴覚障がい者のための字幕付き公演 24日・26日 各19時の部
・視覚障がい者のための音声ガイド付き公演 25日・26日・27日 各14時の部
・アフタートーク 20日14時 畑澤聖悟 他

<チケット料金>
日時指定自由席
一般4,500円/板橋区民割引(板橋在住・在勤・在学)4,050円/25歳以下3,150円/中学生高校生1,000円/小学生500円
障がい者の方で付き添いが必要な方、付添人お一人ご招待。
<会場>銅鑼アトリエ
<アクセス>東武東上線上板橋駅北口より徒歩10分
<その他>
・開場は開演の30分前。
・開演時間に遅れますとご入場できない場合がございます。予めご了承ください。
・当日のキャンセルはお受けできません。
・未就学児のご入場・お車でのご来場はご遠慮ください。
<お問い合わせ>
劇団銅鑼 03-3937-1101 (平日10時-18時)
http://www.gekidandora.com
info@gekidandora.com

http://www.gekidandora.com

 

ロマン派症候群 ―the romantics-syndrome―

 投稿者:(公財)仙台市市民文化事業団  投稿日:2017年 6月13日(火)10時56分14秒
返信・引用
  『ロマン派症候群 ―the romantics-syndrome―』

―――その待合室のベンチで二人は出会ってしまった。
―――ロマン派の二人、その人生と音楽の病が明らかになる…。


【日時】2017.9.10[sun] 14:00開演(13:30 開場)
【会場】日立システムズホール仙台 シアターホール
【チケット料金】一般3,300円 ※当日500円増し※未就学児入場不可
【チケット発売】2017.6.10[sat]10:00~
【プレイガイド】日立システムズホール仙台、仙台銀行ホールイズミティ21、仙台三越、藤崎、チケットぴあ(Pコード:333-909)
電話予約:(公財)仙台市市民文化事業団 総務課022-727-1875(平日9:30~17:00)


《演劇と音楽で紡ぎだす ショパンとブラームス あらたな人間模様》
ロマン派音楽の創生と興隆を彩った二人。
ポーランドを生きたショパン(1810~1849年)。
ドイツを生きたブラームス(1833~1897年)。
生きた時代と駆け抜けた世界が違う二人の大作曲家が、偶然の出会いを果たす。

この奇想天外な出会いから生まれる物語。
そこから浮かびあがる二人の人物像、二人の音楽への想いとは・・・。

サントミューゼ(上田市交流文化センター)による自主制作作品として、2016年1月に初演を迎えた「ロマン派症候群」。作・演出に内藤裕敬氏(演出家、南河内万歳一座・座長)、音楽監修・ピアノに仲道郁代氏を迎え、ロマン派を代表する2人の大作曲家ショパンとブラームスの新たな人物像に迫る―――

公式HP http://romantics-syndrome2017.com/


作・演出     内藤裕敬(南河内万歳一座・座長)
音楽監修・ピアノ 仲道郁代
出演       松永玲子(劇団ナイロン100℃) 坂口修一
ヴァイオリン   小池まどか
チェロ      吉岡知広


主催 (公財)仙台市市民文化事業団
企画・制作 サントミューゼ(上田市交流文化芸術センター)
助成 (一社)全国モーターボート競走施行者協議会/(一財)地域創造

*お問い合わせ(公財)仙台市市民文化事業団 事業団022-301-7405(平日9:30~17:00)
*ホームページ http://www.bunka.city.sendai.jp/

http://romantics-syndrome2017.com/

 

レンタル掲示板
/102