teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. 副業情報!(2)
  2. ネット内職ガイド(2)
  3. イケメンちゃんねるで稼ごう(2)
  4. ブランド偽物ブランド激安(0)
  5. ポイントサイト攻略ガイド(0)
  6. ブランド激安市場広州市場ブランド偽物海外財布(0)
スレッド一覧(全6)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


卒業プロジェクト 演劇公演 『スタア』

 投稿者:玉川大学芸術学部  投稿日:2017年11月21日(火)15時22分58秒
返信・引用
  スター同士の結婚&新居祝い。
そこに駆けつけた二人にゆかり、いやっ因縁の人々。奇しくも同時に起こる大地震!
芸能界の欲望渦巻く中で起こる怪奇現象の数々。
はたして二人の大スターの行く末は?!
筒井ワールド全開のSFブラック・コメディー!!
「SFの御三家」と云われる筒井康隆の世界を、卒業公演でチャレンジします。
どうぞ、ご期待ください。


【公演概要】
□公演名:2017年度玉川大学芸術学部パフォーミング・アーツ学科 卒業プロジェクト演劇公演 『スタア』
□原作:筒井康隆
□演出:太宰久夫
□振付:神崎由布子
□出演・製作:玉川大学芸術学部パフォーミング・アーツ学科生
□公演日程〈全6回公演〉
2017年12月23日(土)18:00 海千
      24日(日)12:00 山千/18:00 海千
      25日(月)18:00 山千
      26日(火)12:00 海千/18:00 山千
※上演時間は150分(休憩含む)を予定しています。
※受付時間は開演の45分前、開場は30分前とさせて頂きます。
※作品の内容を考慮し、中学生以上入場可能とさせていただいております。
□公演会場:玉川大学 大学3号館 演劇スタジオ
□チケット:無料・全席自由〈要予約〉
□チケット取り扱い:11月27日(金)16:00より予約開始
【電話予約】042-739-8492(PA制作室)平日16:00~20:00 土日祝 13:00~17:00
【メール予約】pa-info@art.tamagawa.ac.jp
全日24時間?各公演前日22:00送信分まで受付
?電話またはメールにて以下の項目をお伝えください。
①公演タイトル ②ご希望公演日時 ③希望枚数 ④お名前(カタカナ) ⑤お電話番号
※メールにてご予約いただいたお客様には2日以内にこちらからご予約確認のメールを返信させていただきます。
□お問い合わせ:【TEL/FAX】042-739-8092(演劇研究室)
玉川大学芸術学部パフォーミング・アーツ学科 卒業プロジェクト 演劇公演
『スタア』特設サイト URL:pa2017aki.jimbo.com

pa2017aki.jimdo.com

 
 

▼△あなたも主役になれる!ミュージカル「ジャンヌ, またの名を奇跡」出演者オーディション▼△

 投稿者:三田  投稿日:2017年11月17日(金)15時11分19秒
返信・引用
  【2018年新作発表/オーディション開催決定】

この度、ビエンナーレ新作ミュージカル「ジャンヌ, またの名を奇跡」出演者オーディションを実施いたします。

この作品は、2017年1月に初演を迎えた「土俵で相撲を取ることは大変キケンです」とはまったく異色のレパートリーとなります。
「土俵~」がショーアップされたエンターテイメントとするなら、
この「ジャンヌ」はより演劇的で祈りに満ちたミュージカルとなります。
独白が歌となり、コーラスで物語が進む点についてはミュージカルと古典劇はとても相性がよく、
また悲劇性のあるストーリーもあいまって重厚かつやりがいのある作品になることは間違いありません。
?
そしてこれを「現代の若者たちが演じてみせる」というコンセプトで描くのが今回のひとつのトリックとなります。
お芝居にすると堅苦しくなってしまう内容を、フレッシュに、そして希望をこめて生き生きと歌い上げること。
ミュージカルの可能性を信じ、多くのお客様に支持される作品になるよう誠心誠意、創作に励んでまいります。
?
新たな才能と出会えることを願って、ここに募集とさせていただきます。
ぜひ私たちの仲間に加わってください。

▼△▼△▼△▼△

”ミュージカルを考えるチーム" ビエンナーレ

ミュージカル「ジャンヌ, またの名を奇跡」

劇作・演出/北村 太一
作曲/山下 永眞
企画・主催/"ミュージカルを考えるチーム" ビエンナーレ


──神が彼女に与えた天命、それは「奇跡」だった。
15世紀のフランスに突如として現れたジャンヌ・ダルク。窮地に立たされていたフランス軍を強い信念で勝利に導いた少女の軌跡。望みを捨てないジャンヌの叫びが、逆境に立つ者たちを救う。

ミュージカルの可能性を研究し続ける作家チーム・ビエンナーレが贈る最新作。
2017年1月、女相撲を題材としたミュージカルで好評を博した彼らが、今度は独自の手法でジャンヌ・ダルクに挑む!

なんとジャンヌ・ダルクを演じるのはひとりだけではありません。
劇中で何役もが入れ替わりながら展開するストーリー!

出演者全員で英雄ジャンヌの人物像を描き出す音楽劇を初演にしてロングラン上演する。
今作は現代の若者たちを中心に物語を展開し、史実をリアリスティックに再現していく。
ジャンヌ・ダルク役も含めた幅広い年齢の出演者を募集。意欲ある若者、未経験者も歓迎。


●募集要項
カンパニー(男性6名、女性6名の予定)
チケットバック、ノルマあり

●応募資格
・男女:年齢不問 (俳優・女優、モデル、歌手、アイドルの方)
※本作は若者たちを中心に物語を展開する演出となり、ジャンヌ役を 含め数役を兼ねていただきます。
・稽古(3月下旬)から本番(5/30~6/11)までのスケジュールを調整できる方

●選考手順
書類選考を通過された方のみ、順次ご連絡させていただきます。なお、ご応募いただいた書類はご返却いたしかねますのでご了承くださいませ。

●応募方法
Eメールにて
件名: 「2018年5月公演 オーディションE係/( お名前 )」
本文:①名前(フリガナ) ②性別・生年月日 ③身長 ④所属 ⑤経歴 ⑥連絡先 (データ受け取り可能なアドレス必須) ⑦写真2点添付 (全身・バストアップ)
をお送りください。

●応募先
biennale@matsu-p.com

<応募締切>2017年12月25日(月)15時迄

●オーディション
2018年1月16日(火)、1月19日(金)のどちらか
都内稽古場にて実施


▼ Introduction ▼
過去1万人規模の動員を誇るミュージカル劇団の作家が作り上げる新作ミュージカル、その題材に選ばれたのが「ジャンヌ・ダルク」です。農夫の娘として生まれ、神の啓示を受けてフランスを導いた少女ジャンヌ。その奇跡とも呼ばれる存在が、孤立し、魔女として火刑に処せられるまでに要した期間はわずか数年だったと記録されています。 そんなジャンヌの人生を現代の若者たちだけで舞台上に再現したらどうなるだろう。もしかすると、史実がただの物語としてではなく、もっとリアリスティックに胸に迫ってくる作品になるのではないだろうか。そんな思いで企画されたのがこのミュージカルです。 原案は、数多くのブロードウェイミュージカルを研究するビエンナーレ。劇作・演出は北村太一、音楽は山下永眞が担当します。最後まで神に忠誠を誓った少女ジャンヌの生き様は、かたくなに何かを信じることの強さを我々に教えてくれます。その奇跡の一部始終を若き歌声に乗せ、世に届けます。

▼ Q&A ▼
Q. 殺陣・アクション、ダンスの経験がなくても大丈夫ですか?
A. 本作は、ジャンヌ・ダルクとその周りの人間たちのドラマをお芝居と歌で綴るもので、大掛かりな殺陣やレビューショーのようなダンスシーンはありません。 最低限の立ち居振舞いと身体表現ができる方であれば、舞台に立つことができます。

Q. 男性キャストの活躍の場はありますか?
A. 物語を通して、男性たちの存在はとても重要です。王太子や兵長、神父やブルゴーニュ公などジャンヌと関わる主要な役のほとんどは男性が占めています。

Q.ジャンヌ・ダルク役は決まっていますか?
A.今回、ジャンヌ役を含むすべての役をオーディション合格者の中から決めます。若者を中心としたカンパニー構成のため、キャリアや実力以外の部分で役に 抜擢される可能性も十分にあります。同じ役を交代で演じる演出があるため、多くの出演者に台詞とソロが振られるチャンスがあります。

▼ ビエンナーレ ▼
北村太一 (劇作・演出)
1987年1月29日生まれ。劇作・演出家。日本大学芸術学部演劇学科演出コースで演劇を専攻。台本提供、外部演出などの活動を経て2016年、ビエンナーレとして再スタート。

山下永眞 (作曲)
1987年1月8日生まれ。ミュージカル作曲家。10年間、数々のミュージカルに携わる。東宝ミュージカル・元劇団四季俳優への楽曲提供も多数。

<ビエンナーレとは>
劇作・演出家の北村太一と作曲家山下永眞によるミュージカル研究団体。2017年1月、女相撲を題材としたミュージカル「土俵で相撲をとることは大変キケンです」 (出演:石丸椎菜、今泉りえ、宮川浩 ほか) を発表。北村太一の真骨頂である予想だにしないストーリー展開と、山下永眞の遊びに満ちた音楽は好評を博し、女力士誕生の物語を観る者の心に強く印象付けた。二人はビエンナーレの結成以前にも、10年にわたって様々な舞台作品を生み出しており、その動員は10,000人を超える。日本では珍しく固定ファンのいるミュージカル作家チームでもある。

公式サイト ::: http://a-musical.wixsite.com/biennale

http://a-musical.wixsite.com/biennale

 

音と光の劇団ねずこ旗揚げ公演「メリーデイドリーム」

 投稿者:くま乃  投稿日:2017年11月16日(木)00時59分13秒
返信・引用
  放送劇で、朗読劇―そして、そのどちらでもない。“音と光で魅せる新しい抽象劇”を目指す「音と光の劇団 ねずこ」の旗揚げ公演。

◆あらすじ
優香はずっと夢をみていた――
彼女はある日同級生のせつに出会う。
「この子に、しよう…きっとこの子だ “悪夢”を、変えられる」
だがせつは…
「せつは優しいね」
「…愛することは、美しくあるべきだよ」

悪夢は、どこなの?

出演:ねこ沢 くま乃 脚本・演出:くま乃 制作:音と光の劇団 ねずこ
チラシデザイン:ねこ沢 協力:おおかみ ぱんだ

◆日時
12/9(土)13:30/18:30
12/10(日)11:30/16:30
※公演時間:約2時間(休憩15分をはさみます)

◆場所
joy joy ステーション
 西武池袋線桜台駅  徒歩3分
 メトロ有楽町線新桜台駅 徒歩5分
 都営大江戸線練馬駅  徒歩10分
 ローソン100となり

◆チケット
劇団HPの本公演のページにお繋ぎのうえ、ページ内予約フォームまたは下記メールアドレスにてご予約ください。
Mail: ticket@nezuko.daa.jp (メールにて直接ご予約の方は本文に人数・日時を必ずご記載ください)
劇団HP:http://nezuko.daa.jp

前売り1100円 当日1500円

◆お問い合わせ
音と光の劇団 ねずこ
http://nezuko.daa.jp
Mail:info@nezuko.daa.jp

ご来場心よりお待ちしております

http://nezuko.daa.jp

 

新感覚の二人芝居『僕とパンツとトンプソン』

 投稿者:わたなべ  投稿日:2017年11月13日(月)02時05分7秒
返信・引用
  詩人・久世孝臣とダンサー・森 政博による新感覚の二人芝居『僕とパンツとトンプソン』。2017年11月19日(日)に千葉の「なんちゃってBar 庭」にて行われます(2回公演)。 この芝居はシュールな設定の中で繰り広げられます。二人の軽妙かつ自然体の会話、詩人ならではの美しい言葉の積み重ね、ダンサーらしい身体表現などのエンタメ要素があちこちに散りばめられています。その中から滲み出てくるリアルな人間ドラマが心に響きます。

●日時:2017年11月19日(日) 開演14:00~/18:00~
●料金:3,000円(1drink付・自由席)
●会場:なんちゃってbar庭(千葉市中央区栄町35-10/会場TEL 090-8342-7551)

詳細は特設ページをご覧になってください。

http://www.heart-to-art.net/kuze_thompson.html

 

【お得な割引が使える今がチャンス!】観劇+“俳優体験”!?観客が主役の全く新しい演劇!

 投稿者:prayers  投稿日:2017年11月10日(金)23時35分43秒
返信・引用
  ただ観るだけじゃもったいない!
①観て②話して③演ってみる!
新感覚のお芝居『ドラマトライアル』!

お芝居をご覧いただいた後、そこで終わりではなく
更に、作品と近く接しその世界の中まで入る!
そんな新しい演劇の楽しみ方、
それが「ドラマトライアル」!!

題材は清水邦夫さんの「楽屋」をはじめ
ヘミングウェイ、三島由紀夫などの有名作ばかり。

最初の上演では
「言葉ではなく、何故か役の気持ちが伝わってくる」
そんなリアルで自然な演技の訓練を積んだ俳優による
まるで映画のような作品をご覧いただきます。

感じたことや考えたことをシェアし
そして役の心情に想いを馳せながら
今度はお客様が、演じます!
※希望者の中から数名のみ。まずは観るだけ!もOKです

プロ俳優も使うメソッドを軸にナビゲーターがお手伝い!
すると、お芝居なんてはじめて!という方でも
あっという間に素敵なシーンが!!
すんなりとお芝居の世界に入って、役の心を感じられます。
相手役と2人だけの親密なコミュニケーション体験は、日常では得られない楽しさです♪

★お芝居体験中はお写真もお撮りしています!
普段の顔と演技中の顔が違って、びっくりしちゃうかも^^


観劇+ワークショップで約2時間半~3時間。
俳優体験は希望者の中から2-6名程度です。



【料金】
¥3500(ペア¥6000)

《今だけお得!》
今、LINE@に登録いただくと、はじめてのご参加が500円お得になるクーポンを差し上げます!!
https://line.me/R/ti/p/%40bab3485g


【場所】
Prayers Studioアトリエにて
品川区戸越6-23-21-201
(品川区『中延』駅 徒歩1分!)


【開催日程】

日によりかわるストーリー。
あなたにぴったりの演目をお選びください。

○「ダム・ウェイター」ハロルド・ピンター
12月10日(日)
・12:00~
・18:30~
ある指令を待ち続ける殺し屋の男二人。その中でふと浮かぶ、疑問と疑惑。

○「楽屋-流れさるものはやがてなつかしき-」清水邦夫
12月17日(日)
・13:00~
・18:30~
一つの楽屋に集った四人の女優。夢と現実の狭間で彼女らの選んだ選択は…

○「ヂアロオグ・プランタニエ」岸田國士
12月
・20日(水)19:00~
・21日(木)14:00~
古き良き時代に生きる女子二人。恋と友情の物語

◯「蜜の味より~結婚式~」シェラデラニー
12月
・21日(木)19:00~
・22日(金)14:00~
愛してるのに、素直に言えない。不器用な母と娘の物語

◯「白い象のような山並み」ヘミングウェイ
12月
22日(金)19:00~
23日(土)14:00~
男女の間に生まれた1つの問題。愛故に、憎く思うこともある

◯「卒塔婆古町」三島由紀夫
12月
23日(土)19:00~
24日(日)14:00~
三島の描く、儚く妖しく美しい、生き方を問う物語。


【ご予約】
http://481engine.com/rsrv/webform.php?sh=2&d=57553bb320

お席が大変少なくなっております。必ずご予約の上、お越しください。

【詳細・お問い合わせ】
http://prayers.jp/dramatrial.html
yoyaku@prayers.jp
080-7004-8293

お問合せもどうぞお気軽に!
 

三俣婦人会 2回目の公演「ゴン駄々吉 第一回生前葬」

 投稿者:三俣婦人会  投稿日:2017年11月10日(金)12時00分14秒
返信・引用
  2017年11月18日・19日

三俣婦人会 2回目の公演
『ゴン駄々吉 第一回生前葬』

三俣婦人会がおおくりいたします、第2回公演「ゴン駄々吉 第一回 生前葬」
ゴン駄々吉、生誕30周年メモリアルイヤーの演劇公演です。
20代に書いた短編、生前葬の為に書き下ろした短編の2本立てです。

三俣婦人会とは→2014年発足。主宰・脚本・演出をゴン駄々吉が務める「演劇」をつくるプロデュース・ユニット。
これまでの作品に“うどんで少年の首を絞めたうどん職人”、“羊人間だった母”、“起きたら彼女の腹から大根が生えていた”など、不条理でナンセンスな設定を好む傾向あり。

脚本・演出
ゴン駄々吉

出演
大沢秋生(ニュートラル)
岡田望(劇団劇光族)
森嶌正紀(ティッシュの会)
ゴン駄々吉

【回替わりゲスト】
18日17:30森世まゆみ、18日20:00笑福亭由瓶
19日12:30石田1967(LINX’S)、19日15:30権田淳介、19日18:30野村有志(オパンポン創造社)

日時

2017年11月
18日(土)17:30/20:00
19日(日)12:30/15:30/18:30
全5ステージ

各回開演の20分前より受付・開場を予定しております。

会場

千日亭
大阪市中央区千日前1-7-11上方ビル3階 (トリイホール下の階)

料金
前売予約1800円
当日2000円

予約
予約フォームまたは、メールよりお願いします!

①予約フォームより/三俣婦人会扱い

https://www.quartet-online.net/ticket/seizenso

②メールより

mitsumataticket@gmail.com

日時、枚数、お名前、お電話番号をお知らせ下さい

お問い合わせ
mitsumataticket@gmail.com

ご来場心よりお待ちしております

https://mitsumatafujinkai.jimdo.com/

 

【お得な割引が使える今がチャンス!】観劇+“俳優体験”!?観客が主役の全く新しい演劇!

 投稿者:prayers  投稿日:2017年11月10日(金)11時26分48秒
返信・引用
  ただ観るだけじゃもったいない!
①観て②話して③演ってみる!
新感覚のお芝居『ドラマトライアル』!

お芝居をご覧いただいた後、そこで終わりではなく
更に、作品と近く接しその世界の中まで入る!
そんな新しい演劇の楽しみ方、
それが「ドラマトライアル」!!

題材は清水邦夫さんの「楽屋」をはじめ
ヘミングウェイ、三島由紀夫などの有名作ばかり。

最初の上演では
「言葉ではなく、何故か役の気持ちが伝わってくる」
そんなリアルで自然な演技の訓練を積んだ俳優による
まるで映画のような作品をご覧いただきます。

感じたことや考えたことをシェアし
そして役の心情に想いを馳せながら
今度はお客様が、演じます!
※希望者の中から数名のみ。まずは観るだけ!もOKです

プロ俳優も使うメソッドを軸にナビゲーターがお手伝い!
すると、お芝居なんてはじめて!という方でも
あっという間に素敵なシーンが!!
すんなりとお芝居の世界に入って、役の心を感じられます。
相手役と2人だけの親密なコミュニケーション体験は、日常では得られない楽しさです♪

★お芝居体験中はお写真もお撮りしています!
普段の顔と演技中の顔が違って、びっくりしちゃうかも^^


観劇+ワークショップで約2時間半~3時間。
俳優体験は希望者の中から2-6名程度です。



【料金】
¥3500(ペア¥6000)

《今だけお得!》
今、LINE@に登録いただくと、はじめてのご参加が500円お得になるクーポンを差し上げます!!
https://line.me/R/ti/p/%40bab3485g


【場所】
Prayers Studioアトリエにて
品川区戸越6-23-21-201
(品川区『中延』駅 徒歩1分!)


【開催日程】

日によりかわるストーリー。
あなたにぴったりの演目をお選びください。

○「ダム・ウェイター」ハロルド・ピンター
12月10日(日)
・13:00~
ある指令を待ち続ける殺し屋の男二人。その中でふと浮かぶ、疑問と疑惑。

○「楽屋-流れさるものはやがてなつかしき-」清水邦夫
12月17日(日)
・13:00~
・18:30~
一つの楽屋に集った四人の女優。夢と現実の狭間で彼女らの選んだ選択は…

○「ヂアロオグ・プランタニエ」岸田國士
12月
・20日(水)19:00~
・21日(木)14:00~
古き良き時代に生きる女子二人。恋と友情の物語

◯「蜜の味より~結婚式~」シェラデラニー
12月
・21日(木)19:00~
・22日(金)14:00~
愛してるのに、素直に言えない。不器用な母と娘の物語

◯「白い象のような山並み」ヘミングウェイ
12月
22日(金)19:00~
23日(土)14:00~
男女の間に生まれた1つの問題。愛故に、憎く思うこともある

◯「卒塔婆古町」三島由紀夫
12月
23日(土)19:00~
24日(日)14:00~
三島の描く、儚く妖しく美しい、生き方を問う物語。


【ご予約】
http://481engine.com/rsrv/webform.php?sh=2&d=57553bb320

お席が大変少なくなっております。必ずご予約の上、お越しください。

【詳細・お問い合わせ】
http://prayers.jp/dramatrial.html
yoyaku@prayers.jp
080-7004-8293
 

劇団ハッピータイム 第13回公演 「愛と死をみつけて」

 投稿者:劇団ハッピータイム  投稿日:2017年11月 6日(月)21時53分21秒
返信・引用
  劇団ハッピータイム(元・劇団天然ぴえろ)
第13回公演
「愛と死をみつけて」

作・演出:忍守シン

■内容
「あなた、死にます」と彼女は言う。
死が見える女が探し求め、最期にみつけた愛の物語──

稀代の悪女と噂される九条渚。彼女の周辺では不可解な死を遂げる者が後を絶たない。
そんな渚を恰好のネタと見た週刊誌の記者・後藤は、彼女の真の姿を探るべく取材を申し込む。
しかし彼女が語るのは、とても信じられないような奇妙でおかしな話のオンパレードであった…。
劇団ハッピータイムが贈る、今までにない新ジャンル”ピカレスク・ホラー・コメディ”。
彼女に魅せられた貴方は、もう逃れられない。

■公演日
2017年11月18日(土)~19日(日)

■タイムテーブル
11月18日(土)16:00/19:30
11月19日(日)12:00/16:00
 ※開場は開演30分前です

■会場
阿佐ヶ谷アートスペースプロット
(東京都杉並区阿佐谷南1丁目9-10)
 http://artspace-plot.jp/base.html
 ◆アクセス
  1)地下鉄丸の内線 南阿佐ヶ谷駅より徒歩7分
  2)JR中央線・総武線・地下鉄東西線 阿佐ヶ谷駅南口より徒歩15分

■料金
 前売・当日精算:2,500円
 当日          :2,800円
  ※ご予約は、下記URLから
 https://www.quartet-online.net/ticket/aishi

■キャスト
まついゆか
杉浦史門
正木尚弥
朝倉涼
皓輝
松井珠紗
忍守シン
齊藤ちひろ
富岡恵美
長谷川淳
濱直幸
黒咲ちよこ(劇団熱血天使)
白井あん(劇団SUN)

■スタッフ
作・演出:忍守シン
照明:今中一成
音響:長野恵美(劇団milquetoast+)
美術:濱直幸
協力:劇団SUN
   劇団熱血天使
   劇団milquetoast+
   Aoi
制作:森田鉄彦/白須優里
主催:劇団ハッピータイム
 ◆劇団ハッピータイムとは・・・
 2007年に設立された「劇団天然ぴえろ」が2017年1月に改名。
 関わる人を皆、幸せにする社会人中心の劇団

■問い合せ先
 メール gekidan-happytime@hotmail.com

http://tennenpiero.web.fc2.com/

 

『「仕事クラブ」の女優たち』

 投稿者:劇団民藝  投稿日:2017年11月 6日(月)14時05分48秒
返信・引用
  三越劇場十二月劇団民藝公演
『「仕事クラブ」の女優たち』
原作=青木笙子 脚本=長田育恵 演出=丹野郁弓
2017年12月2日(土)~17日(日)三越劇場

文化庁文化庁文化芸術振興費補助金(舞台芸術創造活動活性化事業)
三越劇場創立90周年

マネキン、筆耕、マッチ配り、報酬はご相談……
1930年代東京、舞台のため生活のため逞しく美しく
芝居は男性にのみ許された仕事であった頃、築地小劇場に始まる新劇運動は「女優」という道のりへ新たな方向を開いた。しかし、戦争の足音が迫りくる、新劇への弾圧は激しさを増す。生活苦にあえぐ女優たちが考案したのは、食えない女優によるアルバイト斡旋業「仕事クラブ」。ドキュメンタリー原作を題材にした長田育恵、書下ろし意欲作。
【あらすじ】
大正から昭和にかけて、新劇という新しい演劇が生まれていた。夢と理想に燃えてはいても日々の暮らしにはまるで無頓着な男たち。『どん底』の巡礼ルカのセリフそのままに「パンがない時には蕪でも食べるよ」と呟いてはみるものの、いかんせん生活できない。そこで立ち上がった女たちが始めた副業の数々…洗濯や家政婦、筆耕にマネキンなんでもござれ。あいつぐ検閲に上演中止、検挙にも事欠かない苦しい毎日の中で、女優たちは芝居に悩み、恋に悩み、貧困に悩み、それでも生きることを諦めないのだった。

【キャスト】
奈良岡朋子
吉田陽子 桜井明美 中地美佐子 藤巻るも 新澤泉
千葉茂則 境賢一 天津民生 神敏将 平松敬綱 吉田正朗 大野裕生 平野尚 近藤一輝
【スタッフ】
装置=勝野英雄 照明=前田照夫 衣裳=宮本宣子
効果=岩田直行 舞台監督=風間拓洋

【公演日程】
2017年12月2日(土)~17日(日) 三越劇場(日本橋三越本店 本館6階)
2日(初日)のみ15:00開演/6日・14日は18:15開演/その他の日は13:30開演
開場は開演の30分前、チケット受付は1時間前からです。
10日(日)終演後、出演者との交流会を開催します。
12日(火)終演後、バックステージツアーを開催します。
交流会、バックステージツアーどちらも参加無料、どなたでもご参加頂けます。
土日に限り無料託児所をご用意しております。ご利用の際には事前に劇団までご連絡ください。

【チケット】
前売受付中
入場料金(全席指定・税込み)
一般=6,500円
U25(25歳以下)=4,000円
夜チケット=4,500円(6日・14日)
三越劇場インターネット限定Mチケット=5200円[座席数限定・当日座席指定・税込]

【お申し込み】
劇団民藝 TEL.044-987-7711(月~土 10時~18時)
http://www.gekidanmingei.co.jp/
三越劇場 TEL.0120-03-9354
http://mitsukoshi.mistore.jp/bunka/theater/
チケットぴあ・オンライン販売 http://t.pia.jp/ Pコード:481-356
イープラス・オンライン販売 http://eplus.jp/(パソコン、携帯対応)
カンフェティ http://confetti-web.com/ TEL.0120-240-540

【バリアフリー観劇について】
バリアフリー割引がございます。
土日祝日のみ、無料託児所をご用意しております。
車いす席・補助犬、点字ちらし、点字パンフレットのご用意がございます。
視覚障害者対象・事前舞台説明会を12月10日(日)、12日(火)12:45~開催します。
聴覚障害をお持ちの方を対象に台本事前貸出を行っております。劇団までお申し込みください。
上記制度をご利用の際は、事前に劇団までご連絡ください。
劇団民藝
TEL.044-987-7711
E-MAIL seisaku@gekidanmingei.co.jp

http://www.gekidanmingei.co.jp/

 

Lingua Franca「FALCO ROSSO」

 投稿者:KT  投稿日:2017年11月 3日(金)17時26分5秒
返信・引用
  Lingua Franca

FALCO ROSSO

LINGUAFRANCAが生まれ変わる!!
劇団/チームとなったリンガフランカ。
言葉と身体を全開にした激しいインプロヴィゼーションの応酬、ダンスムーヴパフォーマンス、照明も音響も即興、観客からの言葉を利用する即興劇。
リンガフランカの今までの特徴はそのままに、さらに、テーマを明確に打ち出した作品を繰り広げる!!
俳優・演出家 柏原直人率いる劇団/コンセプトチーム
LinguaFranca(リンガフランカ)
「プリンシプル」「システム」を用いて、即興を基本にした演劇を展開中。
斬新な世界観 / 激しいダンスムーヴメント / 明確な方法・ドラマが特徴。

■出演■
柏原直人
堤和悠樹
片山遊
牧山陵
尾崎夏美

河野直樹
大石満帆

■劇場■
APOCシアター
(小田急線千歳船橋駅より徒歩1分)
http://apoc-theater.net

■公演日程 ■
2017年
12/7(木) 20:00
12/8(金) 19:30
12/9(土) 14:00 19:30
12/10(日) 18:30
以上、すべて開演時間。開場は30分前。受付は1時間前です。

■料金■
前売・当日券 ¥3,500
全公演通し ¥5,000
前売+ワークショップ ¥5,500
全公演通し+ワークショップ ¥6,500
ワークショップ参加のみ ¥2,500

★12/10(日) 13:30 劇場ワークショップ
毎回、大好評の企画。公演と同じステージで、照明・音響も活用して行うため本番さながらの臨場感・緊張感・興奮を味わえるワークショップです。斬新な世界を体験することができる絶好のチャンス。ぜひ、この機会にステージに立ってみましょう!!
日程:2017.12.10(日) 13:30~
場所:APOCシアター
講師:柏原直人・LinguaFrancaメンバー・出演者
募集人数:15名程度
料金: ¥2,500 (ワークショップのみの参加の場合)

■チケット予約方法■
カルテットオンライン
https://www.quartet-online.net/ticket/linguafranca2017
E-mail:linguafranca2011t@gmail.com

■お問い合わせ先■
E-mail:linguafranca2011t@gmail.com
LinguaFranca公式サイト
https://linguafranca.amebaownd.com
Twitter: @LinguaFrancaLab
https://www.facebook.com/LinguaFrancaLab/

https://linguafranca.amebaownd.com/

 

レンタル掲示板
/113