teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:55/276 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

2013年度韓国遠征報告

 投稿者:まつい  投稿日:2013年12月24日(火)15時09分38秒
  通報
  初日
VSサンボン:5-1(20分ハーフ)
VSシンムク:0-3(20分1本)
VSシンムクの中学生(11人制20分1本)
VSシンムク:1-1(20分1本)
2日目
VSウイ:2-3,2-0(20分ハーフ)
VSサンボン:4-0(20分ハーフ)
VSウイ:1-4(11人制20分ハーフ)

海外遠征で、テンションが上がり、楽しく過ごせたオフの部分から、ピッチに立つと切り替えて、真摯にサッカーに取り組み、メリハリのある遠征となりました。例年よりも人数が少なく、体力的な負担が大きく、また、言葉の通じない対戦相手や不慣れな寒さによる精神的負担もある中、それぞれが普段、所属チームで見せている特長を発揮し、その融合により生まれたプレーの数々は、まさしく「河内長野選抜」でした。
また、日を重ねるごとに、チーム全員が仲良くなっていき、帰りのバスでは別れを惜しむ声もありました。「また一緒にプレーしたい」「今度、遊ぼう」など、出発の時よりも、遥かに仲良くなった選手一同を見ると、このたった数日の遠征が中身ギッシリの凝縮された活動となり、良い経験を積むことが出来た、大成功の遠征だったと確信することが出来ました。
チームの垣根を越えて、遊んだり、喋ったり、冗談を飛ばしたり、ショートコントしたり(笑)、そういう子どもらしい可愛らしい部分と、特長を出し合い、声を掛け合い、ピッチに「河内長野選抜」を表現する素晴らしきサッカー選手としてのスキルやメンタリティ、両方を惜しみなく発揮して、オンもオフも充実した遠征となりました!
今回の遠征を通して、選手は様々な経験をすることが出来ました。この遠征の成功は、現地の方からの多大なる御協力や保護者の方々の御理解、また、各所属チームでの指導者の方々の日頃の御指導が大きな土台となっているように思います。この遠征に関わった、全ての方々に感謝いたします。本当に、ありがとうございました。
遠征中、様々なトラブルやドラマ、コントがありました。中には、私の知らないところで発生したものもあると思います。各ご家庭、また、各所属チームで話を聞いてあげていただきたいと思います。
選手一同には、今回の遠征を、ただの「楽しかった旅行」で終わらせるのではなく、遠征を振り返り、今後の自分の生活にフィードバックしつつ、得た経験値を各所属チームでシェアし、チームにもフィードバックすることを期待します。そういう行動が、暖かく送り出してくれた家族や所属チームへの恩返しだと思います。
私自身も、本当に楽しませていただけた遠征となりました。私もまた、今回の経験を、今後の指導にフィードバックし、河内長野のサッカーの発達に尽力することで、遠征関係者各位への恩返しをしたいと思います。
残り少ないジュニアサッカーの活動期間ですが、また、選手の皆に会えることを楽しみにしています。
 
 
》記事一覧表示

新着順:55/276 《前のページ | 次のページ》
/276