teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. 副業情報!(2)
  2. ネット内職ガイド(2)
  3. イケメンちゃんねるで稼ごう(2)
  4. ブランド偽物ブランド激安(0)
  5. ポイントサイト攻略ガイド(0)
  6. ブランド激安市場広州市場ブランド偽物海外財布(0)
スレッド一覧(全6)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


劇団青年座第234回公演『残り火』

 投稿者:劇団青年座  投稿日:2018年 9月20日(木)16時46分12秒
返信・引用
  演劇界注目の劇作家 ミナモザの瀬戸山美咲が青年座に初登場。

【スタッフ】
作=瀬戸山美咲
演出=黒岩亮
美術=柴田秀子
照明=中川隆一
音響=城戸智行
衣裳=竹原典子
舞台監督=尾花真
製作=森正敏、川上英四郎

【キャスト】
山野史人、平尾仁、山本龍二、逢笠恵祐、須田祐介、
麻生侑里、松熊つる松、安藤瞳、市橋恵

【公演日程】
2018年11月22日(木)~12月2日(日)
11月22日(木)19:00
11月23日(金)14:00
11月24日(土)14:00
11月25日(日)14:00
11月26日(月)19:00
11月27日(火)19:00
11月28日(水)19:00
11月29日(木)19:00
11月30日(金)13:00
12月1日(土)14:00
12月2日(日)14:00
☆11月24日(土)終演後アフタートーク開催

【会場】
ザ・スズナリ

【料金】
一般=4500円
初日割引=3000円
U25(25歳以下)=3000円※
※青年座のみ取扱い

【ものがたり】
急成長中の居酒屋チェーンを経営する藤田健太郎は今から12年前、
高速道路で煽り運転の末に交通事故を起こし、当時8歳だった少女
沢渡美希を死なせてしまった。その後、健太郎が服役中の7年間は、
古くからの友人である滝本学の援助により、家族はなんとか生きて
きた。出所した健太郎は居酒屋をオープンさせ、妻、弁護士の長男、
ハワイ留学を計画中の長女と豊かな生活を送るようになった。

しかし、ある男が健太郎の目の前に現われたことにより状況は一変する。

「交通事故」の加害者と被害者。戻らない命と生きていく人々。
ふたつの家族を通して、罪と罰、そして生きることの本質を描き出す。

http://seinenza.com

 
 

Re: 第六回こまち演劇祭 昭和芸能舎「フラガール」

 投稿者:わらび劇場 角田  投稿日:2018年 9月20日(木)10時52分48秒
返信・引用
  > No.1491[元記事へ]

わらび劇場 角田さんへのお返事です。

> 10/7.8 2日間 わらび劇場主催でわらび座小劇場にて
> 舞台「フラガール」(昭和芸能舎版)公演
> (第六回こまち演劇祭)
> https://www.warabi.gr.jp/?1535100442
> ◆舞台「フラガール)は
> 映画「フラガール」や映画「パッチギ」NHK連続テレビ小説「マッサン」
> などの脚本を手掛けた羽原大介氏の脚本・演出による映画「フラガール」の舞台版です。
> 東北ではあきた芸術村のみでの公演となります。
>  東京では赤坂RED/THEATERで上演され
> 全公演が満席、大好評のうち終了。
> そして今回東北ではじめて公演が決定しました。
> 今回も昭和芸能舎さんファンのお客様が東京・仙台などからも、
> 続々とご予約のお問い合わせいただいております
> →https://natalie.mu/stage/news/288630
> ■第六回こまち演劇祭
> ■日時:2018年10月7日(日)①10:30/②14:30
>     8日(月・祝)③10:30/④14:30
> ■場所:あきた芸術村・小劇場(秋田県仙北市)
> https://www.warabi.gr.jp/
> ■主催:わらび劇場
> ■チケット料金
> 前売 3,000円(税込) / 当日 3,500円(税込)
>  ※ファンクラブは10%オフ 劇場申込対応のみ
>  ※未就学児のご入場はご遠慮頂いております。
> 残席少なくなってきております。
> この機会にぜひぜひご観劇ください。
> ■チケット取り扱い
> あきた芸術村予約センター 0187-44-3939
> (月~土 8:30~17:30)
> E-mail:gekijyo1@warabi.or.jp
> わらび座オンラインチケット https://www.warabi.jp/ticket/

https://www.warabi.gr.jp/?1535100442

 

第六回こまち演劇祭 昭和芸能舎「フラガール」

 投稿者:わらび劇場 角田  投稿日:2018年 9月20日(木)10時51分37秒
返信・引用
  10/7.8 2日間 わらび劇場主催でわらび座小劇場にて
舞台「フラガール」(昭和芸能舎版)公演
(第六回こまち演劇祭)
https://www.warabi.gr.jp/?1535100442
◆舞台「フラガール)は
映画「フラガール」や映画「パッチギ」NHK連続テレビ小説「マッサン」
などの脚本を手掛けた羽原大介氏の脚本・演出による映画「フラガール」の舞台版です。
東北ではあきた芸術村のみでの公演となります。
 東京では赤坂RED/THEATERで上演され
全公演が満席、大好評のうち終了。
そして今回東北ではじめて公演が決定しました。
今回も昭和芸能舎さんファンのお客様が東京・仙台などからも、
続々とご予約のお問い合わせいただいております
https://natalie.mu/stage/news/288630
■第六回こまち演劇祭
■日時:2018年10月7日(日)①10:30/②14:30
    8日(月・祝)③10:30/④14:30
■場所:あきた芸術村・小劇場(秋田県仙北市)
https://www.warabi.gr.jp/
■主催:わらび劇場
■チケット料金
前売 3,000円(税込) / 当日 3,500円(税込)
 ※ファンクラブは10%オフ 劇場申込対応のみ
 ※未就学児のご入場はご遠慮頂いております。
残席少なくなってきております。
この機会にぜひぜひご観劇ください。
■チケット取り扱い
あきた芸術村予約センター 0187-44-3939
(月~土 8:30~17:30)
E-mail:gekijyo1@warabi.or.jp
わらび座オンラインチケット https://www.warabi.jp/ticket/

https://www.warabi.gr.jp/?1535100442

 

旗揚げ20周年記念公演 『パパは死刑囚』

 投稿者:劇団チャリT企画  投稿日:2018年 9月19日(水)22時08分12秒
返信・引用
  劇団チャリT企画#31 旗揚げ20周年記念公演
『パパは死刑囚』
作・演出:楢原 拓(chari-T)

“結婚おめでとう!執行します!”

ふざけた社会派
チャリT企画がお送りする
ブライダル茶番コメディ

http://chari-t.com/papa/
★公演の詳細・ご予約は特設WEBより!

【日程】2018.10.10(水)~10.14(日)
【会場】座・高円寺1
<〒166-0002 東京都杉並区高円寺北2-1-2>
JR中央線「高円寺駅」北口“徒歩5分”

【料金】
一般3,500円
学生2,500円/高校生以下1,000円(劇団のみ取扱い、要学生証掲示)
※未就学児入場不可。金土14:00の託児サービスをご利用下さい。

http://chari-t.com/papa/

 

ヴィジュアル系演劇『La Barbe Bleue-青髭-』公演のご案内

 投稿者:劇団TremendousCircus  投稿日:2018年 9月16日(日)05時36分0秒
返信・引用 編集済
  私達劇団トレメンドスサーカスは、ゴスロリ衣装を着て、暗黒童話・怪奇幻想などを題材に、耽美派で頽廃的・中性的な、人の心の痛みを叫ぶ熱い演劇を創る、東京の劇団です。
10月末に次回公演『La Barbe Bleue-青髭-』を予定しております。
皆さまのご来場を心よりお待ちしております。

タイトル/『La Barbe Bleue-青髭-』
キャッチコピー/Pourquoi j’aime la mort?(なぜ、私は死を愛するのか。)
公演日時/2018年10月31日(水)~11月4日(日)
劇場/シアターシャイン@杉並区阿佐ヶ谷
原作/シャルル・ペロー「青ひげ」
演出・脚本/田中円
音楽/Dee Lee

詳細は公式HPをご参照ください→
http://tremendous.jp/?


†Story
男はその風貌から「青髭」と呼ばれていた。彼はこれまで幾度も結婚しながら、その妻たちは皆行方不明となっていた。紆余曲折の末そこに嫁ぐことになった娘は、彼が不在の間、城の数多ある部屋の鍵束を託される。そうして彼はいなくなった。「どこに入ってもかまわぬ。だが城の一番奥にある“小さな鍵の小部屋”だけは開けてくれるな」そう言い残して__。

†Cast
アカバネ/蟻巣純/en/瀬田白幸/知乃
ダブルキャスト:横山桜花/ぴろり
ほか

†公演日程
開演時間
10月31日(水)14:00~/19:00~
11月1日(木)14:00~/19:00~
11月2日(金)19:00~(18時よりミニショー)
11月3日(土)14:00~/19:00~
11月4日(日)12:00~/16:00~
※開場・受付開始は開演の30分前となります。
※Wキャストの出演情報は、公式HPよりご確認ください。

†料金
全席自由・日時指定制。
割引は当日券を除き、前売り・予約限定。
○一般(前売り)3,200円?(当日)3,300円
○平日昼割引 3,000円
10月31日(水)14:00~、11月4日(木)14:00~の回が対象。
○グループ割引 2,900円(3名様以上で1枚につき)
○ユース割引 2,900円(24歳以下)
○小中高校生割引 2,000円
○スペシャルチケット 4,600円
好きな役者を応援していただける、サイン入りブロマイド3枚、オリジナルサウンドトラック、メッセージ入りのチケットです。
○オリジナルサウンドトラック付前売り券 3,700円
Dee Lee氏によります、青髭オリジナルサウンドトラック付前売り券となります。

○ハロウィーン限定・華装特典 ノベルティプレゼント
当日ゴスロリの格好で来られた方、またハロウィンの仮装をして来られた方に、ノベルティをプレゼントさせて頂きます。

†チケット予約
前売り予約受付は観劇予定日の0時までです。お支払いは当日精算となります。
CoRich舞台芸術!
https://ticket.corich.jp/apply/94028/

†劇場
シアターシャイン
〒166-0004 東京都杉並区阿佐谷南1-15-15
交通:東京メトロ丸の内線「南阿佐ヶ谷」駅から徒歩2分。
JR中央線「阿佐ヶ谷」駅から徒歩7分。

†お問い合わせ
E-mail:kosoryodan@gmail.com
HP:http://tremendous.jp/
Twitter:https://twitter.com/kosoryodan

http://tremendous.jp/

 

オフィスコットーネプロデュース 大竹野正典 没後10年記念公演 第1弾

 投稿者:オフィスコットーネ  投稿日:2018年 9月15日(土)22時47分41秒
返信・引用 編集済
  オフィスコットーネプロデュース 大竹野正典 没後10年記念公演 第1弾
「山の声-ある登山者の追想-」
作:大竹野正典  演出:綿貫 凜
2018年10月26日(金)~28日(日)Space早稲田
CAST 杉木隆幸・山田百次(劇団野の上/ホエイ)

昭和初期の登山家・加藤文太郎の手記「単独行」などを手掛かりに
彼の生き様と厳冬期槍ヶ岳での遭難事故を描く。
2009年不慮の事故により48歳という若さで世を去った劇作家・大竹野正典さん。
彼の遺作であり最高傑作の「山の声」をくじら企画のオリジナルバージョンで上演いたします。
第16回OMS戯曲賞大賞
==========
2019年は大竹野正典さん没後10年の年にあたります。
「大竹野正典没後10年記念公演」と銘うちまして大阪のくじら企画さんと様々な公演を企画しております。
オフィスコットーネではこの「山の声」を皮切りに、
第2弾「夜が摑む」2019年2月
第3弾 改訂版「埒もなく汚れなく」2019年5月
第4弾「山の声」2019年11月
などの上演を企画しております。

くじら企画では2019年1月「海のホタル」の上演を企画しております。
==========
●公演日程
10月26日(金)19:00
10月27日(土)14:00/19:00
10月28日(日)13:00/18:00
※開場は開演の20分前
※受付開始は開演の30分前
※未就学児童の入場はご遠慮ください

●チケット 8月30日発売
【全席自由席】(整理番号付き)3500円

●チケットお取り扱い
オフィスコットーネ
TEL:03(3411)4081
MAIL: cottone@msh.biglobe.ne.jp
HP: http://www5d.biglobe.ne.jp/~cottone/
※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。  

http://www5d.biglobe.ne.jp/~cottone/

 

★9月20日初日、27日まで★オフィスコットーネセレクション

 投稿者:オフィスコットーネ  投稿日:2018年 9月15日(土)22時46分22秒
返信・引用 編集済
  ★9月20日初日、27日まで★オフィスコットーネセレクション

二人芝居の2本立て公演!
★オフィスコットーネyoutubeにて★
2作品の稽古動画を公開中!

「US/THEM わたしたちと彼ら」https://youtu.be/Fvbg_m8p0-4
「踊るよ鳥ト少し短く」https://youtu.be/pJEq2KvN9nU

==========
★アフタートーク出演者決定★
22日(土)18時の回は尾身美詞さん、野坂 弘さん、占部房子さん、政岡泰志さん
24日(祝) 14時の回はゲストにペヤンヌマキさん(ブス会*主宰/脚本・演出家)+演劇プロデューサー綿貫 凜
25日(火)19時の回はスズキ拓朗さん(チャイロイプリン)、山田佳奈さん(□字ック)
アフタートーク日のご予約はまだ間に合います!
==========

オフィスコットーネセレクション vol.1「US/THEMわたしたちと彼ら」「踊るよ鳥ト少し短く」
【日本初演!】「US/THEMわたしたちと彼ら」
作:カーリー・ヴェイス/翻訳:小田島恒志・小田島則子
演出:スズキ拓朗(チャイロイプリン)/プロデューサー:綿貫 凜
出演:尾身美詞(青年座)、野坂 弘

「踊るよ鳥ト少し短く」
作:ノゾエ征爾(はえぎわ)/演出:山田佳奈(□字ック)
プロデューサー:綿貫 凜
出演:占部房子・政岡泰志(動物電気)

2018年9月20日(木)~27日(木) 下北沢・小劇場B1

オフィスコットーネ セレクションとは・・・
「シンプルかつ新たな舞台表現に挑む」をキーワードにプロデューサー綿貫 凜がセレクトした2作品を同時上演する企画。今回は二人芝居の2本立てです。
1本は2017年2月にナショナルシアターで上演され話題をさらった「US/THEMわたしたちと彼ら」。2本目は卓越した発想力とユーモアを持つノゾエ征爾作「踊るよ鳥ト少し短く」で、09年の改訂版。それぞれシチュエーションは異なりますが、極限状態に置かれた「人間」を“俳優の身体と言葉”を最大限生かして表現する2作品です。
ご期待ください。

【タイムテーブル】
9月20日(木)19:00
9月21日(金)19:00◎
9月22日(土)14:00/18:00★
9月23日(日)14:00
9月24日(月)14:00★
9月25日(火)14:00◎/19:00★
9月26日(水)14:00/19:00
9月27日(木)14:00
◎お得チケット
★アフタートーク

【チケット】
一般 前売・当日4500円
◎お得チケット 前売・当日4000円(9/21と9/25の14時回のみ)
シードチケット 前売・当日3000円(枚数限定有り コットーネのみ取扱い 受付にて年齢確認有り)

【公演問合せ】
オフィスコットーネ TEL:03(3411)4081  cottone@msh.biglobe.ne.jp

http://www5d.biglobe.ne.jp/~cottone/

 

子守詩

 投稿者:子守詩スタッフ  投稿日:2018年 9月14日(金)22時46分17秒
返信・引用
  東京バビロン的ダンスコレクション2018作品出品
新作ダンスシアター公演「子守詩」


<作品内容>
私はドイツに住む以前、日本は十分に欧米化しきった国であると疑わなかった。しかしその幻想は残酷なまでに脆く、日本という国を新たな光で照射している。
遥かな異国の地で耳にした「五木の子守唄」は、私個人の記憶を超えた、悠久なる時間と記憶の堆積へとリーチさせる。
現代に躍動する身体は、過去から未来を無尽に往来する。
私たちのDNAに、僅かに残された残滓が囁きかける子守の詩。

?
<上演日程>
10月12日(金) 19時30分
13日(土) 14時、19時30分 (★)
14日(日) 13時、17時
※★の回はアフタートークあり
※開場30分前、受付開始45分前


<会場>
シアターバビロンの流れのほとりにて
http://www.tokyobabylon.org/dance2018.html


<チケット>
前売り券/ 2800円、当日券/ 3000円、学生券/ 2000円、ペアチケット/ 5000円
<オンライン予約> https://www.quartet-online.net/ticket/komori
<予約・お問い合わせ> m.dance2018@outlook.jp

演出・振付:前納依里子
振付・出演:幅田彩加、上田舞香、江角由加、坂田尚也
音楽・音響制作:西川裕一
照明:三枝淳
舞台監督:横山朋也
制作:近岡奈月
チラシデザイン:若月淳子
制作協力:畑圭

http://www.memori-ym.com/

 

城山羊の会「埋める女」作・演出:山内ケンジ

 投稿者:しろやぎ  投稿日:2018年 9月14日(金)16時33分50秒
返信・引用
  第59回岸田國士戯曲賞を受賞した山内ケンジの新作。
(青年団の山内健司さんとは別人の)

山内の最近の作品、「自己紹介読本」「相談者たち」とも、ただその場で面白くしているだけで結局あとには何も残らない、というものであった。今回もそのラインらしいが、今回はその場で面白いわけでもなく、しかも何も残らない、つまり面白くないモノになるということなので、さっそく本人に確かめに行ってみた。
私:「埋める女」というのは何を埋めるのですか?」
山:「それは、女が地面を掘っていて、掘った土を見て、それからまたそれを戻すんですね」

やはりものすごくいい加減な返事をしてきたので、手っ取り早く、核心の質問をした。
私:「でも、なんだかんだおっしゃってるけど、面白くなるんですよね?」
山:「いや、ならないです」
きっついなー。


城山羊の会「埋める女 ~I am right~」
作・演出:山内ケンジ

■日程:2018年 12月6日(木)~12月16日(日)

■会場:ザ・スズナリ(下北沢)

■出演:奥田洋平/坂倉奈津子/福井 夏/伊島 空/岡部たかし/岩谷健司/金谷真由美

■チケット発売日:10/27(土)10時~

■チケット料金(全席指定席):
前売 3,800円
当日 4,200円
☆早期観劇割引 前売3,500円

★城山羊の会15周年特別プレゼント企画
2018年4月の「自己紹介読本」のご観劇チケットの半券を今回の公演にてご提示いただくと、東京公演のチケットは500円、大阪公演のチケットは800円のキャッシュバック!
◎お一人につき1枚有効。
◎半券紛失の場合は、対応致しかねます。
◎サンキューチケット、カンフェティ特別チケット、招待券は対象外となります。

■お問い合わせ:E-Pin企画 03-3467-9422 (平日11:00~18:00)

http://shiroyaginokai.com/

 

「バースデイ♪」のチラシはこちら

 投稿者:虎の会制作  投稿日:2018年 9月12日(水)15時33分10秒
返信・引用
  すみません、チラシはこちらになります。

https://www.facebook.com/goodfellows.toranokai/

 

レンタル掲示板
/130